薄毛の原因と対処法
髪の毛が薄くなってくると、人はどうしても「今すぐに生やしたい」「髪の毛の生える育毛剤が欲しい」と焦ってしまいますが、薄毛の原因を知らなければ薄毛を治せるはずもありませんし、偽物を掴まれてしまう原因ともなりますので、注意したいところです。

「薄毛の原因にはどんなものが多いの?」
「育毛剤や発毛剤を使えば治るの?」

当記事では薄毛の原因や、その対処法について解説したいと思います。

病気の可能性も?薄毛の原因と対処法を解説

男性型脱毛症

男性の薄毛の原因として最も多いのは、男性型脱毛症=AGAでしょう。AGAの原因は、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンという脱毛物質に変換されること。

ジヒドロテストステロンは頭皮のヘアサイクルを乱し、髪の毛が充分に育つまえに抜けてしまうという状況を作り出します。

AGAの特徴として挙げられるのは、頭頂部(つむじ付近)や生え際など、ジヒドロテストステロンの受容体の多い部分から徐々に禿げていくということです。

最終的には側頭部や後頭部の髪の毛だけが残る、いわゆる河童型の禿げになってしまう可能性が高いのです。

このAGAは中高年に多くみられるものですが、男性ホルモンが原因のため、若い人にも発生する可能性があります。

特に筋肉トレーニングなどを頻繁に行う方は、男性ホルモンの分泌が活発となりますので、もし薄毛になった場合にはAGAが原因である可能性が高いです。

AGAは、プロペシアやリアップなどの発毛剤で改善する可能性の高いものです。

プロペシアはジヒドロテストステロンの発生を防いでくれますし、リアップに含まれるミノキシジルは増毛作用によって半ば強制的に髪の毛を生やしてくれます。

ミノキシジルはあらゆる薄毛に対応するものですから、仮に自分の薄毛がAGAによるものかわからなくとも、改善する可能性はあります。

進行性の薄毛には薬で対処する、とこのように覚えておきましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症も病気の一種で、頭皮の一部分に10円玉大の禿げができる症状のことです。

これは男性ホルモン以外(免疫疾患や精神的ストレスなど)に原因がある場合も多く、ミノキシジルやフロジン液で対処します。

円形脱毛症が起こった場合、その他の疾患を抱えている可能性もありますから、自ら薄毛治療を行うばかりではなく、医師に相談されたほうがよいでしょう。

その他の原因――弱毛化や老化

それ以外にも、髪の毛が弱く細くなる弱毛化や、毛髪と頭皮の働きがすべて衰える老化による薄毛など、薄毛の原因はたくさんありますが、そのほぼすべてに対応できるのがミノキシジルです。

それと併せて育毛剤などを使い、頭皮をいたわれば更なるサポートに期待ができます。

最も良い薄毛対策は、発毛剤と育毛剤の併用なのです。